家族葬と一般葬の様々な違い

subpage1

葬儀の種類の代表的なものに家族葬と一般葬があります。
一般的には身内だけで行う葬儀と、身内だけではなく故人と関わりのある参列者を招いて行う葬儀という違いだけで捉えられがちですが、これら2つの葬儀では、参列者、形式、式場、準備等で次のような違いがあります。

まず参列者については、家族葬の場合は家族や親族、親しい知人、友人などの身内だけが参列します。あらたまった会葬礼状などを作らないことも少なくありません。

一般葬の場合、身内だけではなく、近所の住人や故人の仕事の関係者なども呼ぶ必要があり、きちんとした会葬礼状を用意しなければいけません。
次に葬儀形式については、家族葬では決まった形式というものは特にないので、自由でシンプルな形式で行われます。

家族葬選びであなたの手助けをします。

一般葬の場合は一定の形式の中で執り行われ、故人を相応しい形で見送るために高額で立派な葬儀になる傾向があります。式場に関しては、家族葬は自宅や近くの公民館などで行われます。

一般葬では参列者や式の規模によって民間や公営の斎場を選びます。

最後に準備に関しては、家族葬は身内だけで執り行われるのでお香典の準備を省くケースも多いです。

人気上昇中の朝日新聞デジタルの人気を今すぐチェックしよう。

また葬儀を執り行うことをあまり公にしないので、式場前に看板を設置したり、指さし看板や忌紙などの細かく準備する必要もありません。

一般葬の場合はお香典を受け取る風習が根強く、お返しもきちんと用意しなければいけません。



また、参列者のために葬儀場までの看板や忌紙、車での来場を考慮して駐車区画等を準備しておく必要があります。

大事なマナーの事

subpage2

家族葬は、対外的な体裁を重要視する一般的な葬儀とは大きく異なり、本当に自分のことを思っている家族と親しい友人に送って欲しい故人の遺志やあまりお付き合いのない弔問客参列者の対応に追われる事を嫌う遺族の意思などにより現在最も多く執り行われている葬儀スタイルです。家族葬は、祭壇に位牌を飾らなかったり、僧侶による読経が無かったりと従来の葬儀の様に葬式仏教の慣習に従う事無く自由な形で執り行われ、故人や遺族にとって1番良い形で執り行うことが出来ます。...

next

マナーの基本知識

subpage3

家族葬は、基本的に文字通り家族数人で厳かに執り行われる葬儀形態であり、現在の経済状況や少子高齢化、都市への過剰な人口集中、葬式仏教による葬儀への大きな不信などの社会問題に対応した葬儀形態と言えます。しかし、比較的歴史が浅い為に明確な定義が確立されていないので、葬儀規模が遺族数人から50人を超える葬儀まで様々な形態で行われています。...

next

マナーの重要知識

subpage4

家族葬は、従来の葬儀の様な葬式仏教の慣習に従った儀礼的な弔問や参列を排除した葬儀形態であり、遺族が故人を偲び弔う時間をしっかりと確保出来るとして都市部を中心に増加しています。葬儀の手順自体は、一般的な葬儀と変わる事が無く、医療機関から遺体を引き取り死装束を纏わせて枕飾りや僧侶による読経などを行い通夜及び葬儀を行いますが、一般の葬儀と異なるのは弔問客及び参列者の総数と葬儀費用です。...

next

関連情報

subpage5

核家族化や少子化が進むにつれて、特に首都圏などでは葬儀の規模が依然と比べると小さいものとなる傾向が高くなっています。近くに親類縁者がほとんどいないということもありますし、また、平均寿命が延びていることも影響しているようです。...

next