家族葬のメリットとデメリット

subpage01

核家族化や少子化が進むにつれて、特に首都圏などでは葬儀の規模が依然と比べると小さいものとなる傾向が高くなっています。

近くに親類縁者がほとんどいないということもありますし、また、平均寿命が延びていることも影響しているようです。


このようなことから最近人気なのが家族葬です。


家族葬とは、家族などの近親者だけで行う葬儀のことで、近親者以外の儀礼的な弔問などはお断りすることになります。



家族葬のメリットとしては、参列人数の確定や葬儀社の予算の変動が少なく安心であることや、日程などが自由に設定できます。

また、近親者のみで行いますので、それ以外の弔問客に気を使う必要がありません。


さらには、祭壇や棺などは通常の葬儀と同様で、劇的に費用が安くなるというわけではありませんが、とは言え、少人数で行いますので、葬儀場の人件費や設備費用を抑えることができますし、通夜振舞い家返礼品の費用も安くなります。
ただし、家族葬にもデメリットはあります。

nanapiを知りたいならご活用ください。

まず、弔問客から葬儀後などに苦言を呈されるなどの不義理が生じることになりかねません。



よくあるケースとしては、なぜ連絡をくれなかったのだと後に言われることは多くあるでしょう。また、一般葬のように香典や弔慰金はほとんど入りませんので、高い葬儀屋などを利用したりすると結局は高くついてしまうこともあります。
さらに、葬儀後に苦言は呈されないまでも、バラバラに弔問客が訪れる可能性もあり、その場合には対応に苦慮することになります。