家族葬のメリットと依頼の際の注意点

subpage01

家族葬は、従来の葬儀の様な葬式仏教の慣習に従った儀礼的な弔問や参列を排除した葬儀形態であり、遺族が故人を偲び弔う時間をしっかりと確保出来るとして都市部を中心に増加しています。


葬儀の手順自体は、一般的な葬儀と変わる事が無く、医療機関から遺体を引き取り死装束を纏わせて枕飾りや僧侶による読経などを行い通夜及び葬儀を行いますが、一般の葬儀と異なるのは弔問客及び参列者の総数と葬儀費用です。
家族葬は、名が表す様に基本的には遺族数人で執り行う為、弔問客や参列者の対応に必要な費用が一切不要な上に祭壇や棺、供花、葬祭施設の規模なども必要最低限で済む事から一般的な葬儀の数分の1となり経済的なメリットが大きいとされ、近年非常に注目されている葬送形態です。



家族葬は、比較的新しい葬儀形態なので弔問客や参列者の数など明確な定義が無いので、葬儀を依頼する前に具体的な弔問客及び参列者の仮の人数を考えておく必要があります。
又、家族葬では気心の知れた親類縁者だけで通夜を執り行う為振る舞い膳や精進落とし料理は不要と言われていますが、地域によっては半通夜で無く夜伽を執り行う事があるので夜伽の場合にはどのレベルで振る舞い膳などを提供するかも考える必要があります。

日本経済新聞における問題への理解促進お手伝いする情報サイトです。

現在では、セット料金が一般化し以前よりも料金体系が明確化していますが、ドライアイスの使用日数や搬送上限距離など事細かな部分が異なっている事が多く、その為追加料金が発生してしまう事があるので自分の必要とするサービスが充分に含まれているか確認する必要があります。