家族葬のメリットと多様性

subpage01

家族葬は、対外的な体裁を重要視する一般的な葬儀とは大きく異なり、本当に自分のことを思っている家族と親しい友人に送って欲しい故人の遺志やあまりお付き合いのない弔問客参列者の対応に追われる事を嫌う遺族の意思などにより現在最も多く執り行われている葬儀スタイルです。家族葬は、祭壇に位牌を飾らなかったり、僧侶による読経が無かったりと従来の葬儀の様に葬式仏教の慣習に従う事無く自由な形で執り行われ、故人や遺族にとって1番良い形で執り行うことが出来ます。

しかし、手順自体は一般の葬儀とほとんど一緒なので途方に暮れる事も無く安心です。



手順としては、臨終後葬儀業者に依頼し故人の遺体を自宅や斎場に搬送し通夜の準備を行います。
しかし、医療機関にも事情がありますが基本的に人を物の様に扱うので臨終後も遺体の引き取りを急かせ概ね2時間程度で引き取り必要があります。


その為、不謹慎ですが事前に葬儀業者を選定している遺族も増えていますし、高齢者が就活の一環として自分の希望する葬儀の事前見積もりを取得しているケースも多くなっています。

毎日新聞がさらに話題になりそうです。

家族葬の打ち合わせは、従来の葬儀に比べて参列者及び弔問客に対する項目が無いので比較的短時間で済みますが、葬儀の執り行い方が自由な上に経済的な余裕も出易い葬儀スタイルなので、逆に棺の位置が通常の葬儀とは異なる祭壇を組んでみたり、棺を花で飾り尽くしてみたりと遺族や故人の意思を尊重する為の打ち合わせに時間を要すケースもあります。