料金体系が明確な家族葬

subpage01

家族葬は、基本的に文字通り家族数人で厳かに執り行われる葬儀形態であり、現在の経済状況や少子高齢化、都市への過剰な人口集中、葬式仏教による葬儀への大きな不信などの社会問題に対応した葬儀形態と言えます。



しかし、比較的歴史が浅い為に明確な定義が確立されていないので、葬儀規模が遺族数人から50人を超える葬儀まで様々な形態で行われています。


家族葬は、気心の知れた親類縁者のみで執り行われるので、祭壇や棺、供花など必要最低限のランクで執り行われる事が一般的ですが、故人の棺を花で取り囲みその周りを遺族や極限られた親類縁者が取り囲むスタイルの通夜など多様化しています。その為、家族葬はシンプルでコンパクトな葬儀では無く、従来の葬儀の様に葬式仏教に仕切られる堅苦しい葬儀では無く故人の遺志を尊重し、遺族が本当の意味で故人を偲び冥福を祈る為の葬儀となっています。

厳選したYahoo!ニュースはかなり有益な情報が揃っています。

家族葬は、従来の葬儀でトラブルとなっていた葬儀後の追加料金の無いセット料金が主流となっており、非常に明確な料金体系となっている上、異業種からの参入業社ではグループ内の金融セクションと連動させて葬儀だけで無く資金面でも円滑なサポートを行っています。

その為、葬儀業界では年間死亡者数が20年以上にわたり増加するにも関わらず激しい過当競争が繰り広げられ、インターネット上には大手葬儀業者の価格に合わせる様に似たセット料金が並んでいます。



しかし、セット料金の内容が微妙に異なっているのでしっかりと見極める必要があります。